よくわかる!老眼治療と白内障予防

 老眼が治る時代になりました!CK手術の基礎知識を学び、老眼メガネにさよならしましょう!

医師に確認しておく事

・ 眼科専門医が常駐する病院が鉄則
レーシックなどの近視矯正手術が日本に導入された時もそうだったのですが、現在、日本の医療法では、医師免許を所有する医師であれば、内科・外科・皮膚科・・・などの標榜科目告知は、医師免許を有する医師の裁量に任されており、届出さえすれば自由に科目を選択出来、なおかつ、複数の科目を告知することも可能です。
つまり、内科の医師が、外科の手術をすることも可能なのです。
まぁ、これはさすがに極端な例ではありますが、レーシックやCKなどのある程度機械まかせの手術であれば、十分可能であり、事実レーシックなどの近視手術の場合、眼科経験のなかった医師集団の暗躍により、眼科専門医であればとても考えられない。信じられないような『合併症』が、当然のように多発したのです。
酷いところでは手や機器をまったく消毒せずに施術していた所もあったそうです。

ですから、貴方がCK治療を受ける場合、事前に眼科専門医が常駐する病院であるか?を確認しましょう。
他には、CK治療によるリスクや術後の保証などはきっちり確認しておきましょう。

以上の項目は、わりとつっこんだ内容で、「先生に失礼では?」と感じられるかも知れませんが、必ず確認するようにしてください。又、この程度の質問で、不愉快な顔をされたり、つっけんどんな返事しかもらえないようなクリニックや、的確な回答を得られないクリニックは例え料金が格安であっても、見送った方が無難です。
公式HPはこちら 神戸クリニック
スポンサードリンク

【前】老眼治療の費用  老眼治療のHOME  【次】術前・術後の注意点
@CK治療の基礎知識
老眼治療とは
老眼治療の適応基準
老眼治療手術の流れ
老眼治療のリスク
老眼治療の費用
医師に確認しておく事
術前・術後の注意点
クリニックのご紹介
老眼治療体験談
新しいコンテンツを読む
A白内障予防の基礎知識
白内障とは
白内障の治療法
白内障の手術
白内障に早くなる人
白内障予防法
新しいコンテンツを読む


 rougan(C)2009