よくわかる!老眼治療と白内障予防

 年をとれば誰もがなるいわれる老眼と白内障。その予防と治療法について掲載しています。

老眼治療のリスク

・ 危険な手術ではありませんが
手術ですので、100%大丈夫というわけではありません。
多少のリスクはともないます。とはいっても、いままでの症例結果の中で、失明などの重大な合併症はおきていません。

以下は、CK治療を受ける事で、考えられる合併症などのリスクと発生してしまった場合の改善法です。

治療直後より1日〜2日は、ごろごろ感、異物感、涙眼、乾燥感及び痛み。
『改善法』
医師から処方される目薬の点眼で時間の経過と共にその症状は消失します。

夜間に光がにじんで見えたり(ハロー)、まぶしく感じたり(グレア)する。
『改善法』
手術から半年程度で改善、または無くなってしまいます。

左右の見え方の差を感じる
『改善法』
脳がブレンドビジョンに慣れるのを待ちます。通常、3ヶ月を経過すれば殆どの場合、違和感は落ち着いてきます。

当初得られていた近くの視力が低下。術後半年以内
『改善法』
再手術により改善します。尚、その場合無料で施術してもらえるクリニックが多いですが、老眼の進行による場合は、有料となります。

治療後に乱視が発生する場合があります
『改善法』
乱視矯正用の追加治療を行なう場合があります。

これは、合併症ではありませんが。。。

CK手術を受けたら、元の状態(老眼)にもどすことはできません。
あと、手術を受けて老眼の症状が改善されたとしても、術後の老眼進行はCK手術によって止めることはできませんので、老眼が進行すれば再手術の必要があります。


※追加治療の可能回数については人によって異なります。
※老眼(老視)の進行スピードによって、効果期間も異なります。
公式HPはこちら 神戸クリニック
スポンサードリンク

【前】老眼治療の適応基準  老眼治療のHOME  【次】老眼治療の費用
@CK治療の基礎知識
老眼治療とは
老眼治療の適応基準
老眼治療手術の流れ
老眼治療のリスク
老眼治療の費用
医師に確認しておく事
術前・術後の注意点
クリニックのご紹介
老眼治療体験談
新しいコンテンツを読む
A白内障予防の基礎知識
白内障とは
白内障の治療法
白内障の手術
白内障に早くなる人
白内障予防法
新しいコンテンツを読む

 rougan(C)2009