よくわかる!老眼治療と白内障予防

 年をとれば誰もがなるいわれる老眼と白内障。その予防と治療法について掲載しています。

老眼治療手術の流れ

・ CK手術はわずか10分!
(1)
治療の前に麻酔の目薬を点眼します。
(2)
瞳の中心に合わせて角膜外周にマーキングをします。
(3)
角膜の外周に付けたマーキングの必要箇所にラジオ波をあてます。
(4)
ラジオ波をあてることで、角膜のコラーゲン組織を収縮させます。
(5)
最後に目薬を点眼して終了です。
老眼治療(CK)の無料説明会とは?

治療後は保護用のコンタクトレンズを装用し、そのまま帰宅が可能です。(眼帯などは使用しません)点眼麻酔により治療中の痛みは、ほとんどありませんが、治療後に眼がしょぼしょぼしたり、光がまぶしく感じたりする場合があります。
※資料提供 神戸クリニック
スポンサードリンク

【前】老眼治療の適応基準  老眼治療のHOME  【次】老眼治療のリスク
@CK治療の基礎知識
老眼治療とは
老眼治療の適応基準
老眼治療手術の流れ
老眼治療のリスク
老眼治療の費用
医師に確認しておく事
術前・術後の注意点
クリニックのご紹介
老眼治療体験談
新しいコンテンツを読む
A白内障予防の基礎知識
白内障とは
白内障の治療法
白内障の手術
白内障に早くなる人
白内障予防法
新しいコンテンツを読む


 rougan(C)2009