よくわかる!老眼治療と白内障予防

 年をとれば誰もがなるいわれる老眼と白内障。その予防と治療法について掲載しています。

老眼治療の適応基準

・ CK手術を受ける条件
レーシック同様、CKシステムにも手術を受けるための適正があり、誰もが無条件に受けることはできません。
ですから、手術前には必ず医師による適応検査を受ける必要があります。

「手術が適応となる基準」は、
年齢が45歳以上の方
メガネ・コンタクトを使わないで遠くが良く見えている方
視野の狭まりや視野欠損などない健康な目の方
近くを見るときに老眼鏡に頼って生活している方
角膜中心部の厚みが560μm以下で、中心から6mm付近の厚みが570μm以上の方
角膜曲率半径が41.0D〜45.0D以内の人の方
老眼は進行するものであり、将来的に追加治療が必要になることを理解されている方
心臓ペースメーカーなど、ラジオ波の影響を受ける医療機器を利用されていない方

以上が適応基準となりますが、程度により医師が診察しなければ判断できないケースもありますので、上記基準にあてはまるような場合でも手術が受けられる事もあります。 公式HPはこちら 神戸クリニック
スポンサードリンク

【前】老眼治療とは  老眼治療のHOME  【次】老眼治療手術の流れ
@CK治療の基礎知識
老眼治療とは
老眼治療の適応基準
老眼治療手術の流れ
老眼治療のリスク
老眼治療の費用
医師に確認しておく事
術前・術後の注意点
クリニックのご紹介
老眼治療体験談
新しいコンテンツを読む
A白内障予防の基礎知識
白内障とは
白内障の治療法
白内障の手術
白内障に早くなる人
白内障予防法
新しいコンテンツを読む

 rougan(C)2009