よくわかる!老眼治療と白内障予防

 年をとれば誰もがなるいわれる老眼と白内障。その予防と治療法について掲載しています。

白内障とは?

・ ある日、突然やってくる
白内障は、初期において、ほとんど自覚症状がありません。
まさしく、「知らず知らず・・・」にやってくる目の老化現象であり、早い人で40代からはじまり、70代くらいになるとほとんどの人がかかる眼病です。
水晶体が徐々に白く濁りだし、人によって進行が一気にすすむ人もいます。
水晶体は一度濁りだすと元には戻せません。

白内障は、老眼同様、水晶体の老化によっておこります。
代表的な症状としては、
・老眼鏡をかけてもよくみえない
・照明がまぶしくみえる
・ものが重複してみえる
といったような症状が出だしたら要注意です。
とはいっても、白内障は治療の緊急を要する病気ではありませんから、様子をみる時間もありますし、きちんと治療すれば怖い病気でもなく、手術も手遅れになるといったこともありません。(90歳以上でも手術をうけることが出来ます)

ただし、放置してもいいという意味ではなく、定期的に眼科で検査を受けるようにしてください。
スポンサードリンク

【前】老眼治療体験談  老眼治療のHOME  【次】白内障の治療法
@CK治療の基礎知識
老眼治療とは
老眼治療の適応基準
老眼治療手術の流れ
老眼治療のリスク
老眼治療の費用
医師に確認しておく事
術前・術後の注意点
クリニックのご紹介
老眼治療体験談
新しいコンテンツを読む
A白内障予防の基礎知識
白内障とは
白内障の治療法
白内障の手術
白内障に早くなる人
白内障予防法
新しいコンテンツを読む


 rougan(C)2009