管理人のひとりごとの最近のブログ記事

ツイッターはじめました。レーシック情報発信中!⇒ 50kikaku

こまめにつぶやいていきますので、よろしくお願いします^^

新型インフルエンザ猛威をふるう昨今ですが、細菌いうものは実にしぶといもので、ソフトコンタクトレンズの主要銘柄6品目において、殺菌効果が不十分であると、国民生活センターの調べでわかりました。

当サイトでも コンタクトレンズ恐怖の実態 でご紹介していましたが、今回の件はコンタクトレンズをちゃんと取扱を行っている方でも、角膜炎を引き起こしたり、失明や視力低下の恐れもあるという事になります。

今回の調査により、8品目中、2品目は合格したようですので、今お使いのものが合格したものかどうかをすぐに調べるようにしましょう。各商品メーカーのホームページで必ず発表があると思います。

詳細は以下の通りです。


消毒液(MPS)を巡っては、利用者の間で「アカントアメーバ角膜炎」という感染症が目立っており、同センターはメーカー各社に対し、殺菌効果を高めるとともに正しい使用方法を周知徹底するよう改善を要望。消費者庁も消費者に注意を呼びかける。

 この問題を調査している「薬害オンブズパースン会議」(代表・鈴木利広弁護士)は16日、厚生労働省と消費者庁に対し、実態調査の実施や同角膜炎の危険性を警告することを求める要望書を提出する。

 原生動物のアカントアメーバは角膜の傷などから侵入し、増殖すると、角膜炎を引き起こす。失明や視力低下の恐れもある。

 日本コンタクトレンズ学会などによると、例年10人前後だった患者数が昨年、約80人に急増。今年も100人を超す見込みという。患者の8割以上はソフトコンタクトレンズの使用者で、2週間の使い捨てタイプをMPSで消毒しているケースが目立った。

 このため、同センターでは主な8社8製品の製品テストを実施。その結果、2製品は殺菌剤として使われる過酸化水素水と同等の効果があったが、残る六つは十分な殺菌効果がみられなかったという。MPSを巡っては、厚生労働省がメーカーに対し、殺菌効果の検査結果を報告するよう通知しているが、アメーバなどの原生動物は報告の対象外となっている。

 一方、MPSで感染を防止するためには〈1〉レンズ表面をこすり洗いする〈2〉清潔な液に一定時間以上浸しておく〈3〉保存ケースは洗って乾燥させる――などが必要だが、消費者に周知徹底されておらず、消費者庁などは注意を呼びかける。

 テストで「効果が不十分」だった1社の担当者は「目に優しい製品作りを心がけて殺菌効果を抑えていた。正しい使用法ならば十分感染を防げる」と話している。

レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク

 

レーシック2009年度裏情報

|

2009年度のレーシック業界を語るにおいて、かなりショッキングな出来事はなんといっても
銀座眼科による集団感染事件だろう。

最新情報は2009年8月に溝口朝雄元医院長宅とさいたま市の医院数箇所の家宅捜査
が行われた情報の後、途切れた状態である。2009年11月現在

2006年8月の開院後、消毒機器のメンテナンスを一切実施していないということだから、
ただただ、あきれるばかりである。
被害者の50人は、同医院長に対し、1億3000万円の賠償を求めて東京地裁に提訴されたので、
今後の裁判情報を追っていくことになる。

これはもう、医療ミスどころの話ではなく、いわゆる未必の故意である。
必ずしも犯罪としての結果を生じさせると確信しているわけではないが、もしかしたら
そのような結果が生じるかもしれないと思いながら、その結果が生じてもかまわないと
思いつつ行為を行ったとして罰せらるに値する行為である。

飲酒運転と同じである。


この事件以来、同業クリニックはこぞって施設全体の衛生管理の優秀さを謳うようになったが、
本来当然として管理されなけばならない事である。
2度とこのような事がおこらぬように心より願いたい。

このような事件をひきおこした、大きな要因はクリニック同士の価格競争に起因するものである。
銀座眼科の場合は、2006年開院の新規参入クリニックでありながら、薄利を謳う大手クリニック
の施術価格を更に下回る、当時としては破格のレーシック両眼9万5000円という料金で立ち向かった
のだから、無謀以外の何者でもない。今回の事件もおこるべくしておきたといえる。

どの業界でも「価格競争」は消費者にとって歓迎される事ではあるが、その過剰さが過ぎて、
時として問題となる場合がある。

レーシック業界もご多分に漏れず、そのような問題がおきた。

公正取引委員会より景品表示法違反の恐れがあるとして、業界シェア1位と2位である
品川近視クリニックと神奈川クリニックが警告を受けた。

くわしい内容に関しては割愛するが、簡単にいっちゃえばいつも同じ料金なのに、「期間限定」
とか「今だけ」など患者(消費者)の心理を煽る表示方法が問題となった。

このように2009年度のレーシック業界は何かとお騒がせな年になった事は間違いない。

次に、今年オリコンDD社によるレーシック眼科医院の顧客満足度ランキングが発表された。
業界としては、はじめての発表となる。
【過去5年以内にレーシックの治療を保険適用外で受けたことがある、18歳以上の男女を対象】

ランキングは下記の通り。

1位:神戸クリニック 83.34点
 当サイトの特集記事⇒神戸クリニックの秘密

2位:南青山アイクリニック 83.30点

3位:品川近視クリニック  81.37点
 当サイトの特集記事⇒品川近視クリニックの秘密

4位:錦糸眼科 80.07点

5位:神奈川クリニック眼科 79.89点

神戸クリニックは開院以来、価格競争に参加せず顧客満足度に重視した運営を日頃
からおこなっているので、なるほどといえばなるほではあるが、
参考コンテンツ⇒ 神戸クリニックが価格戦争に参戦しない理由
参考コンテンツ⇒ 価格競争に参戦しないクリニック特集

今回、景品表示法違反で警告を受けた品川近視クリニックと神奈川クリニックも
ランキングされており、「安かろう悪かろう」ではないクリニックとしての証明とは
なるであろう。

今後も毎年発表されるということなので、業界にとっては良い方向にむかいつつあると
願いたい。

レーシック業界は2000年ごろから始まり2004年で活性化し、年々伸び続けて、この10年で
ひとつの分岐点を迎えたように思う。
来年からは、まさに淘汰の時代に入るのではないだろうか?

 レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク

 

今年になって価格競争が更に激化している。

レーシック両眼10万円以下なんてのは以前からあったが、ついこの間まで両眼20万円位だった、イントラレーシックまでもが両眼15万円以下となっている。

実際、今はイントラレーシックの方が主流になってきており、

中にはレーシックをすっぱりやめてしまい、イントラレーシックとアイレーシックだけで勝負しているクリニックも出てきた。

今となってはレーシックの価格を下げるよりもイントラレーシックの価格を下げる方がキャンペーンのインパクトが強いのだろう。

価格を下げるということは、単純に考えて利益が減るという事に繋がるわけだから、その分売り上げを上げる必要がある。実際、低価格路線で勝負しているクリニックでは、連日多くの患者さんで溢れていると聞く。

そうなってくると人気の土・日の予約は1ヶ月待ち。手術はたった10分だけど、手術室に入るまでに2時間待たされたという事もあるらしい。

芸能人がレーシックを受けた事をブログに書いたりするものだから、レーシックの認知度も日増しに上がっているようだ。

さて、これからは一体どうなるっていくのだろうか?

これは、いつものように管理人の勝手なひとりごとではあるが・・・。

レーシックの価格動向はパソコンの価格動向のようになるような気がしている。

パソコンの価格はある程度まで下がると、それ以上に下がらなくなるが、その分スペックが上がるようになるという事。例えば5年前に15万円で買ったパソコンのスペックがCPUペインティアム4でHDDは60ギガでメモリーは256メガだったのに、今なら15万円出せば、CPUコア2DUOでHDDは300ギガでメモリーは2ギガのものが買える。

つまり、レーシックの価格もいずれ、底を打ってしまうが、同じ価格でより高度な術式のものが、受けられるようになってくると思う。

アイレーシックが15万円以下になる日も、そんなに遠い日ではないだろう。

しかしながら、レーシックには適齢期というものがあるので、ある程度の所で妥協することにはなるでしょうけどね^^;

15万円以下でイントラレーシックが受けれるクリニック

 イントラレーシック両眼14.8万円⇒神奈川クリニック

 イントラレーシック両眼12.5万円⇒品川近視クリニック

 -------------------------

レーシックのことがよくわかるサイト⇒ レーシック

スポンサードリンク

 

Powered by Movable Type 4.13