レーシック情報の最近のブログ記事

神奈川アイクリニック誕生

|

神奈川クリニックさんより情報が入りました。

クリニック名変更のご案内
 この度、神奈川クリニック眼科は「神奈川アイクリニック」に名称を改める
 と同時に、神奈川クリニック眼科 福岡は「神戸クリニック 福岡」として
 新たなスタートを切ることになりました。

 また、神奈川アイクリニックは、神戸クリニックと共に、医療法人社団稜歩
 会として、全国9院:札幌(北海道)、新宿(東京)、広尾(東京)、名古屋(愛
 知)、梅田(大阪)2か所、三宮(神戸)、天神(福岡)、小倉(福岡) の視力矯正
 クリニックグループとなります。

 国内最大規模である累計370,000症例以上の視力矯正手術を行ってきた経験
 を元に、ご希望やライフスタイルに合わせた手術を患者様にご提供できるよ
 う、一人ひとりの疑問や不安にお応えしていきます。

 日本の視力矯正業界をリードする医療機関として、今まで以上に質の高い医
 療とサービスの提供に努め、眼に関するあらゆることで社会に貢献して参ります。
【神奈川アイクリニック】

   (旧)新宿院/名古屋院/大阪院/福岡院 計4院
    ↓
   (新)新宿院/名古屋院/大阪院 計3院

 【神戸クリニック】

   (旧)広尾院/三宮院/梅田院/札幌院/小倉院 計5院
    ↓
   (新)広尾院/三宮院/梅田院/札幌院/小倉院/福岡院 計6院

 ■神戸クリニック 福岡

  所  在:福岡県福岡市中央区天神2-8-38
       協和ビル10階

 ----------------------------------------------------------------

神奈川アイクリニックは国内で初めて眼科専門医によるイントラレーシックを実施し認定を受けた眼科施設との事

今後、大いに期待したいレーシッククリニックですね。

神奈川アイクリニック(眼科専門医によるレーシック)

レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク

 

ツイッターはじめました。レーシック情報発信中!⇒ 50kikaku

こまめにつぶやいていきますので、よろしくお願いします^^

神奈川クリニック【破産手続き】

|
2010年5/6付けで、神奈川クリニック眼科さんが破産手続の開始が決定しております。
レーザーで角膜を矯正する近視のレーシック手術で知られる神奈川クリニック眼科の
経営元、医療法人社団「博美会」(東京、山子大助理事長)は7日、東京地裁に破産
を申し立て、手続き開始が決定されたと発表した。
申し立てと決定はいずれも6日付。
--------------------------
とてもショッキングな発表ですが、今年の1月からとても厳しい状況だったようです。
以下神奈川クリックの発表です。
昨年2月に発生した他クリニックでの感染症問題を発端に、レーシック医療全般に対
する不信感が社会的問題となり、以降、弊医療法人の経営にも厳しい影響を与えて参
りました。
弊医療法人も、経営建て直しを図るべく、誠心誠意尽力して参りましたが、企業努力
だけでは解決できず、採算が悪化し、資金繰りも限界に達しました。患者さまに対す
る今後の医療行為の適正な継続を考慮し、残念ながら事業継続を断念し、
「医療法人社団稜歩会」に事業を譲渡する決断をいたしました。誠に勝手極まりなく、
また不本意ではございますが、
熟慮に熟慮を重ねた結果、本件申立てに至った次第でございます。
 患者様におかれましては、突然のことで大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫
びさせていただくとともに、弊医療法人の事情をご斟酌いただき、何卒御容赦頂きます
よう心からお願い申し上げます。
尚、今後は、医療法人社団稜歩会が引き続きレーシック事業を継続いたします。
定期検査(レーシック手術後の1日後、1週間後、1ヶ月後)は医療法人社団稜歩会が
引き続き無償で行い、保証期間内のアフターケアについても弊医療法人における保証条
件と同一条件にて行わせていただく所存であります。
患者さまに対しては、いささかのご迷惑をかけることのなきよう心がけて参りますので
よろしくご理解のほどお願いいたします。
患者さまに対しては、従来にもまして質の高いレーシック医療を継続していきますので
よろしくご理解され、ご利用いただきますようお願いいたします。
今後とも末長く倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。

と、いうことですので神奈川クリニックで既にレーシック受けた方へのアフターは
しっかり行われるようですので、少し安堵しています。
補足:事業は「神戸クリニック」を運営する稜歩会(神戸市)に譲渡し、眼科医院事業は継続する。
-----------------------
ここから 
神戸クリニックから届いたメールからの引用です。
拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 
 さて、報道によりすでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、この度、幣医療法人
 「医療法人社団稜歩会」(神戸クリニック)は、「医療法人社団博美会」(神奈川クリニック)
 と事業譲渡契約を締結しました。
 
 昨年2月に発生した他院での感染症問題、並びにリーマンショックに端を発した経済
 情勢の変化により、「医療法人社団博美会」(神奈川クリニック)の経営状況は厳しく
 なっておりました。
 
 神奈川クリニックのお客様、神戸クリニックのお客様、そして、レーシックを受けようか
 どうか悩んでいらっしゃるお客様も動揺されたことと思いますが、神戸クリニックの理念は
 何も変わりません。 
 
 - 『Experience Your New Vision』 -
  私たちは、なによりもお客様視点を重視し、一人ひとりのお客様の視点に立った、
  既存の医療の枠に捉われない医療サービスをご提供していきます。
 
 - 『眼に関するあらゆることで社会に貢献する』 -
  私たちは、レーシック、眼科医療を通じて社会に貢献していきます。
 
 - 『現場思考で日々1ミリの改善と変化を続ける』 -
  私たちは、医療としての厳格性とお客様志向の双方の視点を持ち、神戸クリニック
  だからこその新しい価値を生み出します。
 
 今後もより高品質な医療、高品質なサービスのご提供に努めて参りますので、
 お客様におきましては変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
                                     敬具
 

             医療法人社団稜歩会 神戸クリニック 理事長 吉田 圭介

 
参考リンク
神戸クリニックが価格競争に参戦しない理由
レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク

 

レーシックを知ってから手術を受けるまで、半年以内が50%超ということが
神戸クリニックの調べでわかりました。 
<レーシックを知ってから手術を受けるまでの検討期間>
・ 1~ 3カ月  32.6%
・ 4~ 6カ月  17.6%
・ 7~12カ月  16.5%
・13~18カ月   4.6%
・19~24カ月 12.4%
・25~30カ月   1.6%
・31~36カ月 14.7%
アメリカでは、レーシックを知ってから実際に手術を受けるまで、平均18カ月という
調査がありますが、今回の結果はそれを大きく上回るものとなっております。
一般的に日本人は優柔不断といわれていますが、レーシックに限っていえばあまりの
決断の早さにビックリです。
管理人の勝手な考えで言わせていただければ、1番の要因は日本におけるレーシックの
価格の安さだと思います。
その根拠は、「検討期間中何を検討してたの?」についての回答の25%が「時間的な
余裕」「病院の情報収集」であったのに対し、「お金」に関しては5%以下でした。
アメリカでのレーシックの平均価格はいまだ日本円にして25万円~30万円前後ですか
ら、検討期間がアメリカに比べて短くなるのは手術料の差とみて間違いないでしょう。
 
レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク

 

機器の価格だとか、ランニングコスト、精度のこととか、
この機械を採用してるクリニックなら安心だとか・・・。

あ、それと銀座眼科さんのこととか教えていただければ
うれしいです。

-----------------------------------------

・機械の精度について

機械の精度に差があるとはあまり思っていません。
元々レーシックは難しい手術ではないので、高度な技術は要らないのです。

あえて機械の違いを言えば、未だに刃(セパレーター)を使っている施設でオペを受けるなら、レーシック施設ではなく、眼科院で受けた方がいいと感じます。

国内でレーシックが行われるようになってから十数年経ちました。この間に蓄積されたデータと経験により、かなり安全に施術できるようになりました。

ようは、患者の選択を間違えなければ、事故は起きないハズです。

銀座眼科を抜いて、日本国内のレーシック関連事故発生率は五千件につき1件です。


・ランニングコスト

施設によってぜんぜん違いますが、レーシック機械のメンテナンス費用が1台につき約1億円程です。詳しく話すと怒られそうです・・・


・安全なクリニック

私自信や身内を任せられる施設は少ないです。使用している機械の問題ではないのです!

・銀座眼科について

2年前から知っていました。保健所には当時から忠告していました。この事件はズサンな施設と怠慢な行政による人災です。

-----------------------------------------

ご丁寧なレスをありがとうございます。
とてもありがたい情報です。

>・安全なクリニック
>私自信や身内を任せられる施設は少ないです。使用している機械の問題ではな>いのです!

これは本当に怖い話ですよね。
最近ではイントラをはじめアイレーシックとかZレーシックとか色々出てきて、
「何がどうちがうねん?」と思っていましたが、機械の問題ではない場合が多い
ということは、単純に「人」の問題の方が多そうですね。

よろしければクリニック選びのポイントがありましたらご教授いただきた
いのですが、いかがでしょうか?
-----------------------------------

施設選択について

レーシックは難しい手術ではありません。よって眼科専門医でないドクターでも機械さえあれば手術が可能です。ようは、オペに適している目なのか、どの種類のオペを選択するかがポイントです。
なので、施設を選択する前に、自分の目の状態を知る事に集中することが肝要です。

積極的なセカンド・サードオピニオンが良い選択の近道になります。

その後、クリニック選びは自分に適したオペは何処で出来るかになります。そうすれば、間違った選択をする確率が低くなると思います。

この方法なら銀座眼科のような施設を選択する事は無いと考えます。

その他の細かい点は施設により一長一短なので、選択肢が多い場合の補足とするとよいでしょう。

先ずは、自分を知る事です。「彼を知り、己を知れば百戦して危うからず」です。

-----------------------------------------

ご丁寧にありがとうございました。
なるほど!手術する前にとことん己を知るということなんですね!
あとは、セカンド・サードオピニオンを徹底的にした上で、
いかに自分にあったクリニックを選ぶか?ですね。

以下はセカンドオピニオンについての引用です。
ここをご覧の皆さんも是非参考になさってください。
本当にありがとうございました。
又、何かありましたら支障の無い程度^^;でよろしくおねがいします。

------------------------
セカンドオピニオンとは

セカンド・オピニオンとは、よりよい決断をする為に、当事者以外の、専門的な知識を持った第三者に、求めた「意見」の事。または、「意見を求める行為」の事。

医療の分野の場合、患者が、検査や治療を受けるに当たって、主治医以外の医師に求めた「意見」。または、「意見を求める行為」。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくべきと言う考え方に沿ったものである。
セカンドオピニオン外来(自費診療)を受診する場合は、セカンド・オピニオンは「診療」ではなく「相談」になるため、健康保険給付の対象とはならず、全額自己負担となる

レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク

 

Powered by Movable Type 4.13