2010年6月アーカイブ

ツイッターはじめました。レーシック情報発信中!⇒ 50kikaku

こまめにつぶやいていきますので、よろしくお願いします^^

適応検査で円錐角膜発見!

|

銀座近視クリニック(※注:あの銀座眼科とは違います)の青山医師のブログにとても興味深い記事がありましたので、引用させていただきます。
-------------------------------
レーシックを受けられずに、他の治療方法をお勧めした際のお話です。

以前、20代前半の方で、比較的強い円錐角膜なだけでなく、メガネでの矯正視力も低下し、さらに近視・乱視が進行してい状態の方が来院されたことがあります。

円錐角膜は、35歳くらいまで進行する可能性があり、年齢や角膜形状などを考えると、この先、メガネやコンタクトレンズは使用困難になり、視力が低下して運転免許がとれなくなるなど、日常生活が困難になることが予想される状態でした。

もちろん、ご本人は円錐角膜という言葉もご存知なく、レーシック治療で簡単に近視・乱視が治ると思って来院されていたので、"円錐角膜"という言葉自体、寝耳に水な状態でした。

そのような状態でしたので、まずはどうしてレーシック治療を受けることができないのか、(角膜が柔らかく元に戻るからです)、円錐角膜とは何かをご説明。その後、もちろんその治療方法があること、年齢や進行具合から考えて、角膜の強度を上げるクロスリンキング治療を行ったほうがよいこと、その上で角膜形状を改善して視力を向上させる、角膜内リング治療を考えるとよいこと、などお話しいたしました。詳しい資料もお渡しし、この日はお帰りいただきました。

円錐角膜は、よほど進行してからでないと発見できないものでしたが、最近ではレーシック治療を目的で来院される方を診察すると、実は円錐角膜だったということがよくあります。

ほとんどの方は軽度で、メガネ・コンタクトレンズでの矯正が可能であれば、レーシック治療ではなくメガネ・コンタクトレンズをお勧めすることになります。

ただ、メガネ・コンタクトレンズでは矯正が困難なくらい進行している場合には、角膜内リング治療をお勧めしたり、 まだ年齢が若く、進行途中であれば、進行を防ぐためにクロスリンキング治療をお勧めしたりしております。

このような場合、レーシックの適応検査だけを行っているクリニックでは「レーシックの治療はできない」とだけ言われて帰らされるケースがほとんどです。

どうして、レーシック治療を受けることができないのか、何か他の治療方法はないのか、またどうしたら良いのかなどをきちんとお話することが大切だと考えております。

---------------------------------------------

引き続き、青山医師による最近のレーシック界のお話です。

--------------------------
最近、増えているのが海外在住の方の治療希望です。

5年以上前でしたら、日本で受けるよりも海外で受けたほうが手術費用が安い場合もあったのですが、海外でのレーシック手術の費用がこの数年はほとんど変わらないのに対して、日本ではレーシックが急速に普及するにしたがって手術費用も下がったため、相対的に、日本でレーシックを受けたほうが圧倒的に安くなっています。

費用面ももちろんありますが、それ以外に、海外でのレーシック手術は設備や治療内容に雲泥の差があり、また、費用=内容の良さ、というわけではありませんから、情報弱者である患者さんにとってはまだ、情報が得やすい日本で受けたほうが安心、というところもあります。

実際、海外でのレーシックに関しては設備や治療レベルも施設によって大幅に異なるのに対して、日本では施設によってもちろん、差があるとはいえ、海外ほどではないので、よほど知れたクリニックで治療を受ける分にはひどく選択を誤る、ということはありません。

それから、国民性の違い、というのもあります。

アメリカを始め、海外では治療に関して、結構アバウトなところがあり、アメリカでしたら視力が1.0あれば、"Perfect!"なんていわれたりしますが、日本人は視力に関してかなり貪欲なところがあり、1.0以上、できれば1.5がしっかりと見えていないと満足できない、なんてことが当たり前だったりします。

治療を受ける側の要求度の高さも日本はおそらく世界でトップクラスでしょうし、それに治療をする側も、全体的に日本人のドクターは手先の細かい作業をしっかりとできる方が多いので、どこでレーシックを受けるのがベストか、と聞かれると日本が一番だと思います。

 

銀座近視クリニックの詳細はこちら⇒ 銀座近視クリニック

レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク