神奈川クリニック【破産手続き】

|
2010年5/6付けで、神奈川クリニック眼科さんが破産手続の開始が決定しております。
レーザーで角膜を矯正する近視のレーシック手術で知られる神奈川クリニック眼科の
経営元、医療法人社団「博美会」(東京、山子大助理事長)は7日、東京地裁に破産
を申し立て、手続き開始が決定されたと発表した。
申し立てと決定はいずれも6日付。
--------------------------
とてもショッキングな発表ですが、今年の1月からとても厳しい状況だったようです。
以下神奈川クリックの発表です。
昨年2月に発生した他クリニックでの感染症問題を発端に、レーシック医療全般に対
する不信感が社会的問題となり、以降、弊医療法人の経営にも厳しい影響を与えて参
りました。
弊医療法人も、経営建て直しを図るべく、誠心誠意尽力して参りましたが、企業努力
だけでは解決できず、採算が悪化し、資金繰りも限界に達しました。患者さまに対す
る今後の医療行為の適正な継続を考慮し、残念ながら事業継続を断念し、
「医療法人社団稜歩会」に事業を譲渡する決断をいたしました。誠に勝手極まりなく、
また不本意ではございますが、
熟慮に熟慮を重ねた結果、本件申立てに至った次第でございます。
 患者様におかれましては、突然のことで大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫
びさせていただくとともに、弊医療法人の事情をご斟酌いただき、何卒御容赦頂きます
よう心からお願い申し上げます。
尚、今後は、医療法人社団稜歩会が引き続きレーシック事業を継続いたします。
定期検査(レーシック手術後の1日後、1週間後、1ヶ月後)は医療法人社団稜歩会が
引き続き無償で行い、保証期間内のアフターケアについても弊医療法人における保証条
件と同一条件にて行わせていただく所存であります。
患者さまに対しては、いささかのご迷惑をかけることのなきよう心がけて参りますので
よろしくご理解のほどお願いいたします。
患者さまに対しては、従来にもまして質の高いレーシック医療を継続していきますので
よろしくご理解され、ご利用いただきますようお願いいたします。
今後とも末長く倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。

と、いうことですので神奈川クリニックで既にレーシック受けた方へのアフターは
しっかり行われるようですので、少し安堵しています。
補足:事業は「神戸クリニック」を運営する稜歩会(神戸市)に譲渡し、眼科医院事業は継続する。
-----------------------
ここから 
神戸クリニックから届いたメールからの引用です。
拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 
 さて、報道によりすでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、この度、幣医療法人
 「医療法人社団稜歩会」(神戸クリニック)は、「医療法人社団博美会」(神奈川クリニック)
 と事業譲渡契約を締結しました。
 
 昨年2月に発生した他院での感染症問題、並びにリーマンショックに端を発した経済
 情勢の変化により、「医療法人社団博美会」(神奈川クリニック)の経営状況は厳しく
 なっておりました。
 
 神奈川クリニックのお客様、神戸クリニックのお客様、そして、レーシックを受けようか
 どうか悩んでいらっしゃるお客様も動揺されたことと思いますが、神戸クリニックの理念は
 何も変わりません。 
 
 - 『Experience Your New Vision』 -
  私たちは、なによりもお客様視点を重視し、一人ひとりのお客様の視点に立った、
  既存の医療の枠に捉われない医療サービスをご提供していきます。
 
 - 『眼に関するあらゆることで社会に貢献する』 -
  私たちは、レーシック、眼科医療を通じて社会に貢献していきます。
 
 - 『現場思考で日々1ミリの改善と変化を続ける』 -
  私たちは、医療としての厳格性とお客様志向の双方の視点を持ち、神戸クリニック
  だからこその新しい価値を生み出します。
 
 今後もより高品質な医療、高品質なサービスのご提供に努めて参りますので、
 お客様におきましては変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
                                     敬具
 

             医療法人社団稜歩会 神戸クリニック 理事長 吉田 圭介

 
参考リンク
神戸クリニックが価格競争に参戦しない理由
レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク