2009年11月アーカイブ

こんにちは。
とにかく医療機関で不衛生なんて論外ですよね。今はネットで簡単に情報収集ができるけど、ソレを自分の目で確認したりすることがなくなってしまいました。なんというか、パソコン上の判断でしかなくて・・・・・

私は品川近視クリニックでしたけど衛生的でした。検査の流れも説明も分かりやすかったです。価格については「こんなものなのかな?」って感じですけど。
ただ、お友達を紹介すると紹介料が入るシステムで(今もそうなのか分かりませんが)これはあまり気分のいいものではないですね。紹介料欲しさにレーシックを勧めている人を見ると考えちゃうな。ランクがあるようですが1人あたり5万円位貰えるようでした。だったら料金を下げればいいのに・・・・・と思ってしまいます。
手術後の経過が悪かったりしたら後味が悪いので、私は紹介システムには参加してません。本人の意思で行くことを勧めています。それでも私の後、既に友人7人が手術を受けています。皆、コンタクトもメガネもいらない生活に憧れていましたから・・・・・

現在視力は1.5。但しこの視力が何年くらい保てるのかは分かりません。私は目の状態があまり良くなかったようで「2回目の手術は出来ないですよ」と最初に言われちゃったので、少しでも長くキープしたいです。

週末は、平日働いている人が集中するので混んでいるようです。

 

 レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク

 

レーシック2009年度裏情報

|

2009年度のレーシック業界を語るにおいて、かなりショッキングな出来事はなんといっても
銀座眼科による集団感染事件だろう。

最新情報は2009年8月に溝口朝雄元医院長宅とさいたま市の医院数箇所の家宅捜査
が行われた情報の後、途切れた状態である。2009年11月現在

2006年8月の開院後、消毒機器のメンテナンスを一切実施していないということだから、
ただただ、あきれるばかりである。
被害者の50人は、同医院長に対し、1億3000万円の賠償を求めて東京地裁に提訴されたので、
今後の裁判情報を追っていくことになる。

これはもう、医療ミスどころの話ではなく、いわゆる未必の故意である。
必ずしも犯罪としての結果を生じさせると確信しているわけではないが、もしかしたら
そのような結果が生じるかもしれないと思いながら、その結果が生じてもかまわないと
思いつつ行為を行ったとして罰せらるに値する行為である。

飲酒運転と同じである。


この事件以来、同業クリニックはこぞって施設全体の衛生管理の優秀さを謳うようになったが、
本来当然として管理されなけばならない事である。
2度とこのような事がおこらぬように心より願いたい。

このような事件をひきおこした、大きな要因はクリニック同士の価格競争に起因するものである。
銀座眼科の場合は、2006年開院の新規参入クリニックでありながら、薄利を謳う大手クリニック
の施術価格を更に下回る、当時としては破格のレーシック両眼9万5000円という料金で立ち向かった
のだから、無謀以外の何者でもない。今回の事件もおこるべくしておきたといえる。

どの業界でも「価格競争」は消費者にとって歓迎される事ではあるが、その過剰さが過ぎて、
時として問題となる場合がある。

レーシック業界もご多分に漏れず、そのような問題がおきた。

公正取引委員会より景品表示法違反の恐れがあるとして、業界シェア1位と2位である
品川近視クリニックと神奈川クリニックが警告を受けた。

くわしい内容に関しては割愛するが、簡単にいっちゃえばいつも同じ料金なのに、「期間限定」
とか「今だけ」など患者(消費者)の心理を煽る表示方法が問題となった。

このように2009年度のレーシック業界は何かとお騒がせな年になった事は間違いない。

次に、今年オリコンDD社によるレーシック眼科医院の顧客満足度ランキングが発表された。
業界としては、はじめての発表となる。
【過去5年以内にレーシックの治療を保険適用外で受けたことがある、18歳以上の男女を対象】

ランキングは下記の通り。

1位:神戸クリニック 83.34点
 当サイトの特集記事⇒神戸クリニックの秘密

2位:南青山アイクリニック 83.30点

3位:品川近視クリニック  81.37点
 当サイトの特集記事⇒品川近視クリニックの秘密

4位:錦糸眼科 80.07点

5位:神奈川クリニック眼科 79.89点

神戸クリニックは開院以来、価格競争に参加せず顧客満足度に重視した運営を日頃
からおこなっているので、なるほどといえばなるほではあるが、
参考コンテンツ⇒ 神戸クリニックが価格戦争に参戦しない理由
参考コンテンツ⇒ 価格競争に参戦しないクリニック特集

今回、景品表示法違反で警告を受けた品川近視クリニックと神奈川クリニックも
ランキングされており、「安かろう悪かろう」ではないクリニックとしての証明とは
なるであろう。

今後も毎年発表されるということなので、業界にとっては良い方向にむかいつつあると
願いたい。

レーシック業界は2000年ごろから始まり2004年で活性化し、年々伸び続けて、この10年で
ひとつの分岐点を迎えたように思う。
来年からは、まさに淘汰の時代に入るのではないだろうか?

 レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク