2009年3月アーカイブ

先日群馬県の眼科にて適用検査をしたところ、ウェーブフロントレーシックを勧められました。

やはり角膜の形が均一ではないらしく普通のレーシックでも大丈夫だけど、ウェーブフロントの方がいいだろうという事でした。

強度近視のため角膜を薄く切るための器具も使わなければならないらしく、ウェーブフロントと合わせると予算的にはかなりオーバーでしたが、一生の事なので信頼できる眼科での手術を決めました。

症例数の多い病院の方が安心かとも思いましたが、検査を受けてみて、こちらの方が安心して任せられると感じた事が大きいです。
やり直しのきかない手術なので、価格で決めるのは考えものなのかもしれませんね。

-------------------------------------------------

納得のいく選択が出来た様でなによりです。

さて、レーシックが日本で施術出来る様になって十数年が経過しました。この間、多くの事が解明され、技術はかなり進歩いたしました。

当初、レーシック対応患者は日本人の七割程度といわれており、残りの三割をいかにするかが課題でした。現在は九割近い患者が安全に手術できるまでに技術革新しています。

元々レーシック対応の七割の患者さんは「レーシックのみの施設」で心配はありません。

何らかの理由で三割の部類に入る患者さんは、できる限り眼科専門医資格のあるドクターを選択するのが望ましいと思います。

何れにせよ、地元でウエーブフロントレーシックのような先進技術での手術は、最良の選択が出来たのではないかと思います。

 レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク

 

神奈川クリニックさんの情報です 

 全ての手術が10,000円割引きに!期間限定、神奈川クリニックのクーポン

福岡院新規オープンを記念し、2009年4月30日までに福岡院で手術をされる患者様限定で、全ての手術を対象に費用を5000円(片眼のみの場合は2500円)割引いたします。

  • 地下鉄 空港線 天神駅 徒歩1分
    ・地上3番出口を出た目の前の道路(明治通り)を左へ進み、1つ目の建物(10F受付)。黒木書店の手前のビル。
  • 西鉄 天神大牟田線 西鉄福岡(天神)駅 徒歩4分
    ・地上からお越しになる場合
    北口改札(2階、ソラリアステージビルに直結)を出て正面階段を下ると大きなモニターが設置されているので、それを右手に道路(渡辺通り)へ出る。渡辺通りを正面にして左(地下鉄空港線天神駅方面)へ進むと明治通りと交差している四つ角(「天神」の信号)に出るので、そこを左折し道路(明治通り沿い)を直進し、一つ目の信号(「天神2」)を通り過ぎて黒木書店の手前のビル。
    ・地下道からお越しになる場合
    北口改札(2階、ソラリアステージビルに直結)を出て、ソラリアステージビル地下2階へ行き、直結している天神地下街を空港線天神駅方面へ進む。天神駅に着いたら3番出口より地上へ出る。

  • 西鉄バス 天神協和ビル前 降車すぐ
    ・「天神協和ビル前」停留所降車。目の前の黒木書店の左隣のビル。

車の場合------------------------------------

福岡都市高速1号線 天神北ランプ出口を下りて、渡辺通りを直進。「天神」の信号を右折し明治通りへ入ってください。一つ目の信号(「天神2」)を通り過ぎてすぐの左手に見える協和ビルです。なお、検査・手術を行う場合、ご本人による乗り物の運転でお帰りいただくことはおやめください。

  • 当院周辺の駐車場(専用駐車場はございません)
    日産レンタカー天神パーキング
    トラスト天神パークビル

 

福岡院 院長
安田 明弘
<経歴>
1993年 愛媛大学医学部卒業
聖路加国際病院眼科などを経て 2009年より現職
 

神奈川クリニックノの感染症対策とクーポン情報

 CR-LASIK(クリーンルームレーシック)とは?

 全ての手術が10,000円割引きに!期間限定、神奈川クリニックのクーポン

 

レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク

 

銀座眼科 感染事故 続報!

|

銀座眼科において、最初の被害報告以前にも感染症などの事故があったことが、発覚しました。

2009年3月10日 東京新聞朝刊によると・・・。

東京都中央区の銀座眼科で、レーザー光線で近視を矯正するレーシック手術を受けた患者約七十人が感染性角膜炎などを発症した問題で、同眼科が区に報告した被害発生時期(昨年九月から今年一月に手術)以前に被害を受けていたとして、元患者二人が九日、厚生労働省で記者会見した。相談を受けた医療問題弁護団(東京)は、被害者が増える可能性が高いとみて対応チームを設け救済に乗り出した。

 会見したのは、神奈川県の女性会社員(29)と都内の自営業男性(34)。女性は一昨年三月に手術し、角膜炎を発症。現在も不正乱視やドライアイなどの後遺症がある。「当時、ほかにも炎症を起こした方がかなりいたので、実際には、(被害者は)もっと多いのでは」と指摘した。

 男性は同年七月に手術し、二日後に都内の他院に緊急入院。緑膿(りょくのう)菌による角膜潰瘍(かいよう)と診断され、矯正視力が一・〇以上から〇・四に低下。六日に損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。会見で「院長の『昨年九月以降しかない』という発言をテレビで見て、怒りを覚えた」と述べた。

------------------------------------------------

他のクリニックさんと混同されなければいいのですが、この事故はレーシックそのものが原因でおこった事故ではありません。例えば、レーシックでなくてもこの病院で仮に他の手術を受けたとしても、同じような事故がおこっていたでしょう。

「手を消毒する場所が手術室に無かった」

「器具を滅菌消毒する機械が壊れているのを知りながら修理しなかった」

といったような、当たり前になされていなければならない事をしていなかった為の事故であることだけは知っておいていただきたいと思います。

----------------------------------------------

コメントです。

二人の患者は「角膜炎・角膜潰瘍」と報道されていました。

レーシック後の、この様な症状の治療ができる施設はそう多くありません。

それらの施設では、他院での疾患・特に事件性のある事例は保健所に届出る義務があります。

今回被害者が拡大してしまった一因に、保健所が事実を把握していたのにもかかわらず、対応が遅れてしまったことも容易に想像できます。

諸悪の根源は銀座眼科のモラルの無さと断言できますが、被害拡大を防ぐべき防御システムが適切に作動しなかった事は残念です。

レーシックのことがよくわかるサイト→ レーシック 失敗はないの?

スポンサードリンク