レーシック 近視レーザー治療のすべて

 ●携帯版 レーシックの真実
 レーシック 視力回復手術で感染【銀座眼科 ずさんな衛生管理】2009年7月加筆
スポンサードリンク


当サイトでご紹介している眼科さんではありませんが、東京都中央区にある病院で、以前に管理人が
レーシックの裏事情レーシックの事情を読むで懸念していた事故がおこりました。
主な内容は、2009年2月26日の朝刊などに書かれていますが、今回の事故はレーシックそのものの問題点によって
 
おきたものではなく、手術器具の滅菌処理が不十分であり、衛生管理全体に問題があった。というもので、医療の世界において、最も基本的なことがなされていなかったのです。

なぜ?このような事がおこったのか?
これは、管理人の勝手な想像であることを、先におことわりして、私なりの意見をさせていただきたいと思います。

原因は簡単です。
価格競争による無茶な価格設定のしわ寄せが引き起こした人災です。
この病院は、2006年度に開院し、レーシック両眼で15〜20万円前後だった時期において、両眼で10万円を切る価格設定で沢山の注目を浴びました。

今から思えば、この頃から本格的な価格競争のはじまったと思います。

そして、この無茶な価格設定が、絶対に守らなければいけない衛生管理をずさんにさせて行くのです。

保健所の調べによると、同眼科で使用していた滅菌装置は、別の医院から譲り受け、開院した2006年8月以降、一度も点検しておらず、本来、滅菌に必要な温度に達していませんでした。
又、汚れた器具と消毒済みの器具の保管場所が不適正で、手術室には手洗い場も無く、衛生管理にも問題があったとしています。

レーシックはあくまでも外科手術ですから、思わぬ合併症などのリスクがあります。
しかし今回のことは、それ以前の問題です。

同じような事が、【悪い噂の真相《2》 】過去におこっていたにもかかわらず、一部の病院のずさんな管理で、またもやレーシックそのものが危険だと言われるようになるのでは?と考えるととても悲しく、悔しく思います。

《他のクリニックに比べてかなり安いために不安に感じる方もいらっしゃると思いますが、機械や手術は最高のものと自負しております》
《皆様の見える世界が少しでも快適になるお手伝いができれば、この上なくうれしく思います》
2月25日に集団感染が発覚するまで開設されていた銀座眼科のホームページ(HP)にはこんなうたい文句があったそうです。本当にあきれてしまいます。

どうか各クリニックさんには、今回の事を教訓にしていただき、患者さん側にも、決して安さだけに走るといった判断だけはしないように、お願いしたいと思います。

以下より【加筆】2009年7月31日-----------

「薄利多売」を達成する為に、銀座眼科のずさんな衛生管理がひきおこした今回の事件は、とうとう集団提訴される事となりました。以下はサンケイ新聞からの引用です。
記者会見して謝罪する溝口朝雄院長
銀座眼科(閉鎖、東京都中央区)で、レーザーを使って近視を矯正するレーシック手術を受けた患者が感染症などを発症した問題で、被害を受けた患者50人は30日、銀座眼科の溝口朝雄元院長らを相手取り、総額約1億3300万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

被害対策弁護団(団長・石川順子弁護士)は「被害者は100人を超えており、2次提訴も行う」としている。また同日、患者や家族計62人は警視庁築地署に溝口元院長について傷害罪で告訴状と告発状を提出、同署は受理した。さらに、弁護団は厚生労働省に溝口元院長の医師免許取り消しなどの行政処分を求める要望書を提出した。

訴状などによると、8都県に住む18〜58歳の患者50人は昨年9月から今年1月の間、銀座眼科でレーシック手術を受けたが、ずさんな衛生管理のため角膜炎などの感染症にかかったとしている。

弁護団は業務上過失傷害罪ではなく、故意犯の傷害罪での告訴・告発に踏み切った理由について、「平成19年7月の時点で手術を受けた患者が重い感染症にかかっていたのに、その後も衛生管理の見直しをせずに感染被害を拡大させており、『未必の故意』があった」としている。

溝口元院長の代理人、小西貞行弁護士は「損害賠償については引き続き誠実に対応し、刑事告訴については真摯(しんし)に受け止め、捜査には全面的に協力する」とコメントした。

---------------------------以下2011年10月追記

実刑判決下る

近視矯正のレーシック手術で衛生管理を怠り、患者7人に角膜炎を発症させたとして、業務上過失傷害罪に問われた銀座眼科(東京、閉鎖)元院長の医師溝口朝雄被告(49)に、東京地裁は2011年9月28日、「眼科医として最も基本的な注意義務を怠った」として、禁錮2年(求刑同3年)の判決を言い渡した。

判決理由で近藤宏子裁判官は「電動メスの刃を手術ごとに交換せず、手洗いなしで手袋を着けずに手術をした。衛生管理に関する最低限の知識を欠いていた」と指摘。

多額の負債を抱えた被告が経済的利益を優先させたのが原因とし、「被害者は失明の恐怖にさいなまれ、人生を狂わされた」と述べた。


あえてレーシックの価格競争に参戦しないクリニック特集!
手術費用は価格競争に参戦しているクリニックのほぼ倍以上。
なのに、クリニックは大盛況!
高いのにはそれなりの理由があります!
管理人のひとことコメントもあります。

神戸神奈川アイクリニックが価格戦争に参加しない理由

価格戦争にあえて参加しないレーシッククリニック特集



スポンサードリンク



スポンサードリンク

レーシック サイト内のコンテンツ ※できれば@〜Mを先にお読みください

@レーシックとは
Aコンタクトレンズの恐怖
B悪い噂の真相
C手術を受けられない人
Dレーシックの費用
E医師に必ず確認しておく事
Fレーシック手術までの流れ
Gレーシック手術前の注意点
Hレーシック手術の流れ
I手術後の経過と注意点
Jイントラレーシックとは
Kイントラレーシックとは《2》
Lレーシックを受けた有名人
Mレーシックを決意したら
無料説明会に行ってきました!
SBC新宿近視クリニックの秘密
品川近視クリニックの秘密
レイ眼科クリニックの秘密
レーシック特選クリニック
神戸クリニックの秘密【独占サイト】
有名人が選んだクリニック
レーシッククリニック比較表
アメリカではどうだったの?
近視手術の種類と特徴
近視手術の問題点
エキシマレーザーとは
近視度数の簡単な計り方
人それぞれのレーシック
運転免許制限解除について
近視のガセビア
レーシック手術承諾書
ビタミンAフェチになろう
眼科のトリビア
悪い噂の真相《2》
レーシック失敗・事故例
レーシック情報の氾濫
交通事故が生んだ奇跡
タイガーウッズな話
レーシックと米国軍隊
阪神大震災でレーシック決心
近視の戻りがおこる理由
ピンホールメガネってどう?
オルケラトロジーってどう?
レーシックの価格について
過去の訴訟・裁判
レーシック後のサングラス
レーシックの生命保険手術給付金
医院長の出版する本について
レーシックの裏事情
視能訓練士(ORT)とレーシック
カラーコンタクト トラブル続発!
レーシックの事情を読む
クリニックのキャンペーン比較
コンタクトレンズの眼障害発生率
視力回復術の真実
コンタクト不正請求にご注意!
スタッフ突撃インタビュー
レーシック医師突撃レポート!
レーシックと飛蚊症
レーシックの失敗とは?
無料説明会が大盛況!
品川近視クリニックの決断
ユーチューブでみるレーシック
iLASIK(アイレーシック)とは?
レーシッククリニック中間報告
ミクシィでレーシックの情報交換
レーシックで免許試験課は大忙し
中高年(40〜50代)のレーシック
レーシック2008年度裏情報
レーシックで感染事故
価格競争に参戦しない理由は?
レーシック不適合と言われたら
レーシックブログ【みんなの声】

新しいコンテンツを読む

参考コンテンツ
レーシック/目の雑学集
レーシックのよくある質問
レーシック体験談・感想
目の専門用語
全国レーシック病院検索
戻る   HOME⇒レーシック 次:レーシックブログ【みんなの声】 次:神戸クリニックが価格戦争に参戦しない理由