レーシック 近視レーザー治療のすべて
 レーシック裏事情2007’【管理人の意見】 レーシック 扉へ戻る



スポンサードリンク


この記事を書いているのは、まだ10月中旬なのですが、そろそろ、今年度のレーシック事情をお話しても良い時期かと思いますので、少し早い気もしますが、つらつらと管理人の意見をのべさせていただきたいと思います。又、近日中には「レーシック2008年度事情を読む」と題しての意見を書かせていただくつもりですので、よろしければお読み頂ければと思います。

さて。

2007年度のレーシック総決算として特筆すべきは、なんといっても新規参入クリニックによる、価格破壊が特に目立った年になったという事です。
そして、この状況下で、既存の大手クリニックの動きも目まぐるしいものがありました。

その動きは、クリニックそれぞれで、価格の対抗だけに走るクリニック。価格は下げずに広告強化に走るクリニック。
価格対抗はほどほどに、人材投資、設備投資、新規オープンに走るクリニックなどなど。そして、共通していえる事は、これらのアクションによって、どのクリニックも、前年度を大幅に上回る成果がでているということです。

要因としては、

レーシックの認知度アップと共に、手術費が10万円台という非常にこなれた料金になってきたことも大きく貢献し、レーシックを検討する人々が爆発的に増えたことによるものでしょう。各クリニックの昨年対比の症例数をみれば一目瞭然です。

そして、この業界もこれから、まだまだ堅調に成長していくことでしょう。

今の状況は、患者側の立場に立ってみれば、実に歓迎すべき状況ではありますが、反面、クリニックの選択肢があまりにも多くなり、「じゃあ、どこのクリニックで受ければいいんだろうか?」と悩んでしまう方や躊躇してしまう方も多くなっているのではないでしょうか?

どういう、クリニックを選べばいいのか?

私の考える理想のクリニックは、ズバリ!攻守のバランスのとれたクリニックです。


私自身、このレーシックサイトを運営していて、各クリニックさんのホームページをチェックすることが多いのですが、不思議なもので、一通りみるだけで、ある程度クリニックさんのコンセプトや動向がみえてくるのです。

以下は、あくまでも私の勝手な意見なのですが・・・

もちろんクリニックは営利目的で運営されているのですから、より多くの患者さんの確保はまさに重要なファクターです。そして、その目標を達成する為に、どこに力をいれているのか?そしてバランスがしっかりとれているのか?というのが結構重要ではないか?と最近、よく感じるようになりました。

一般的に「商売」においての鉄則は「利はもとにアリ」です。
つまり、良い商売をするなら、良い立地の良い店舗で、良い商品と良い人材を準備せよ。という事なのです。
中でも、良い商品と良い人材を揃えている店はとても強いです。少々立地が悪くても、お客様は口コミで必ずやってきてくれます。

レーシッククリニックにも同じ事がいえるのではないでしょうか?

良い商品とは、レーシックなどの矯正技術と設備のことです。良い人材はドクター&スタッフです。各クリニックさんのサイトをじっくりみてみると、「ここは眼科専門医が多いなぁ。」とか、「ここは医院数の割には、医師の数が少ないんじゃない?」などなど、結構みえてくるんですね。もちろん医師の良し悪しまでは、サイトだけでは判断できませんが、
簡単にいえば、攻め【宣伝活動】と守り【受入れ体制】のバランスがとれているのか?ということですね

最近、特にこのクリニックさんは、守りに随分力をいれてるよなぁ〜。と感じるところがあります。
それは機器設備はもちろんの事、人材にも多くのコストをかけているクリニックさんです。
あと、特筆すべき点は、このクリニックさんでは、目の検査スタッフのリーダーに視能訓練士を採用しています。
この資格については次のページでくわしく説明します。

いろいろなクリニックサイトを見ると、価格やキャンペーン内容ばかりに目が行きがちですが、そういった守りの部分はどうなっているのか?ということも、しっかりチェックしていただければと思います。

眼科専門医とは、日本眼科学会が認める専門医のことです。そしてその資格の取得には、かなり厳しい道のりがあります。
まず、学会が眼科を学ぶのに相応しいと認めた眼科の研修施設で5年以上の診察・検査・治療・手術等のトレーニングを受けます。このトレーニングが終了した後、年1回行われる専門医認定試験を受験します。認定試験は筆記試験だけでなく、実技試験もあります。

この試験に合格して、ようやく眼科専門医として認められるのですが、実はこの資格の大変なところは、この資格が永久資格ではなく、取得後も5年ごとに更新され、その間、眼科医として診療を行うのはもちろん、きちんと学会等に参加して勉強する必要もあります。

これらをさぼった医師は、当然、資格の更新を受けられず、いとも簡単に失効してしまうのです。

当サイトいちおしクリニック紹介 

神戸神奈川アイクリニック 現在、東京・大阪・神戸・北海道・福岡にて開院。手術料金は高いが、生涯保障の採用やや設備や人材にに十分なコストをかけて運営されている。
参考コンテンツ⇒  神戸神奈川アイクリニックが価格競争に参戦しない理由

品川近視クリニック 現在、東京・大阪・名古屋にて開院。レーシック両眼10.5万円 イントラレーシック両眼17.8万円
3院あわせて眼科専門医は19名在籍。



スポンサードリンク


スポンサードリンク

レーシック サイト内のコンテンツ ※できれば@〜Mを先にお読みください

@レーシックとは
Aコンタクトレンズの恐怖
B悪い噂の真相
C手術を受けられない人
Dレーシックの費用
E医師に必ず確認しておく事
Fレーシック手術までの流れ
Gレーシック手術前の注意点
Hレーシック手術の流れ
I手術後の経過と注意点
Jイントラレーシックとは
Kイントラレーシックとは《2》
Lレーシックを受けた有名人
Mレーシックを決意したら
SBC新宿近視クリニックの秘密
品川近視クリニックの秘密
レイ眼科クリニックの秘密
レーシック特選クリニック
神戸神奈川アイクリニックの秘密
【独占サイト】
有名人が選んだクリニック
レーシッククリニック比較表
アメリカではどうだったの?
近視手術の種類と特徴
近視手術の問題点
エキシマレーザーとは
近視度数の簡単な計り方
人それぞれのレーシック
運転免許制限解除について
近視のガセビア
レーシック手術承諾書
ビタミンAフェチになろう
眼科のトリビア
悪い噂の真相《2》
レーシック失敗・事故例
レーシック情報の氾濫
交通事故が生んだ奇跡
タイガーウッズな話
レーシックと米国軍隊
阪神大震災でレーシック決心
近視の戻りがおこる理由
ピンホールメガネってどう?
オルケラトロジーってどう?
レーシックの価格について
過去の訴訟・裁判
レーシック後のサングラス
レーシックの生命保険手術給付金
医院長の出版する本について
レーシックの裏事情
視能訓練士(ORT)とレーシック
カラーコンタクト トラブル続発!
レーシックの事情を読む
クリニックのキャンペーン比較
コンタクトレンズの眼障害発生率
視力回復術の真実
コンタクト不正請求にご注意!
スタッフ突撃インタビュー
レーシック医師突撃レポート!
レーシックと飛蚊症
レーシックの失敗とは?
無料説明会が大盛況!
品川近視クリニックの決断
ユーチューブでみるレーシック
iLASIK(アイレーシック)とは?
レーシッククリニック中間報告
ミクシィでレーシックの情報交換
レーシックで免許試験課は大忙し
中高年(40〜50代)のレーシック
レーシック2008年度裏情報
レーシックで感染事故
価格競争に参戦しない理由は?
レーシック不適合と言われたら
レーシックブログ【みんなの声】

新しいコンテンツを読む

参考コンテンツ
レーシック/目の雑学集
レーシックのよくある質問
レーシック体験談・感想
目の専門用語
全国レーシック病院検索
戻る   HOME⇒レーシック  次:視能訓練士(ORT)とレーシック