レーシック 近視レーザー治療のすべて
 ●携帯版 レーシックの真実

 レーシック クリニックのご紹介 レーシック 扉へ戻る


◎ 品川近視クリニック

オリコン2012年度:レーシック部門総合満足度3位
  ランキングの詳細はこちら


品川近視クリニックさんは、新しい技術と機器の導入。そして更にイントラレーシック両眼治療で9.2万円という、低価格を実現されておられることで非常に有名です。
【2011年12月現在】


では、この価格設定はどのようにして実現されているのでしょうか?

まずは、患者さんから良い評価を受けることでの口コミ効果を活かし、広告宣伝費を最大限に抑えたという事と、適正な利益を設定したら、この価格になってしまった。ということでした。
視力回復レーシック
品川近視クリニック
品川近視クリニックさんのリーフレット資料を見せて頂いた所、他のクリニックさんの資料パンフは煌びやかなスレーブの中に資料類が収められているのに対して、品川近視クリニックさんのものは、小冊子をそのまま封筒に入れてあるだけというとても簡素なものでした。
しかしながら、小冊子資料としての内容は、必要にして十分なものだったと思います。患者さんの負担をできるだけ抑える為に、こういった工夫を中心に他にも沢山されているのだと感じました。

そして、安いだけではなく、『安全・安心』という事にも非常に力を入れておられるのが大きなポイントです。
その理由は、医長、非常勤医師に至るまで、19名の医師全員が眼科専門医であるということ。

品川近視クリニックさんは、3院体制ですから、普通に考えれば3名在籍でも十分のはずなのですが、『患者さんに万全な体制をもって安心して、そして可能な限り安く、レーシックを受けていただきたい』という、青山院長の姿勢がうかがえます。


眼科専門医とは、日本眼科学会が認める専門医のことです。そしてその資格の取得には、かなり厳しい道のりがあります。
まず、学会が眼科を学ぶのに相応しいと認めた眼科の研修施設で5年以上の診察・検査・治療・手術等のトレーニングを受けます。このトレーニングが終了した後、年1回行われる専門医認定試験を受験します。認定試験は筆記試験だけでなく、実技試験もあります。

この試験に合格して、ようやく眼科専門医として認められるのですが、実はこの資格の大変なところは、この資格が永久資格ではなく、取得後も5年ごとに更新され、その間、眼科医として診療を行うのはもちろん、きちんと学会等に参加して勉強する必要もあります。
これらをさぼった医師は、当然、資格の更新を受けられず、いとも簡単に失効してしまうのです。


その他、品川近視クリニックさんのアマリスZレーシックでは、フラップの作成に術後の眼の負担を最小限に抑えることを可能にしたフェムトセカンドレーザー(フェムトLDV)と、エキシマレーザーには7次元で眼の動きを認識する機能を搭載したアマリスを使用しているということ。より高次元での矯正を可能とする機器が充実しています。

あと、特筆すべきは品川近視クリニックさんではアベリーノ症を事前に発見するために、医師による診察だけでなくDNA検査を行っているそうです。

アベリーノ症とはレーシックを受けると角膜が白く濁って視力が低下する病気です。
未発症の場合、通常の診察では発見できない場合があり、非常にやっかいな病気なのですが、事前にDNAアベリーノ検査をすることで100%の確率でアベリーノ症を発見できるそうです。

ムダは省くが肝心なところにはしっかりとコストをかける。まさに、努力の賜物ですね。


百聞は一見にしかず。まずは無料のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか? 品川近視クリニック


◎ 体験者の声:品川近視クリニックさんでレーシック手術を受けた感想

女性 32歳

【 手術当日 】
やりたいという気持ちが大きく、怖いという感覚は全くありませんでした。ただ、手術室に入ったときはちょっとだけ怖かったです。目を開けたまま手術というと全て見えてしまって怖いかなと思いましたが、検眼とほとんど変わらない感覚で痛みもほとんどなく、帰りには信じられない程、もうよく見えて感激でした。

【 手術翌日 】
“後が痛いらしい”と友人から脅され、どうしようと考えていた前日からは想像できない程、普通に生活しました。心配していた痛みは全くなく、コンタクトレンズの頃より視界がクリアになりました。

【 現在(手術後1週間後) 】
いつものクセでコンタクトレンズをはずそうとすることもあります。手術前の矯正時でも0.2だった視力が、今では本当に裸眼で何でも見える喜びは言葉では表せません。

もし無人島に行くことになって3つしか持っていけないとしたら・・・と考えたときに1にコンタクトレンズ、2にめがねと答えるしかなかった私は視力を障害と考えていました。旅行へ行く時も、いつでもどこでもわずらわしく、最近では毎月結膜炎になり、メガネで過ごすこともしばしば・・・。鼻が低くめがねをかけるとさらに視界が狭くなり、度々頭痛を引き起こしていた日々でした。なので、矯正なしの生活を想像することもできなかったのです。

LASIKに関しては、ただただ感心しています。LASIKを受けることを周りからは勇気があるねとかいわれましたが、今、怖いと思った人でもやるべきと思います。こんな短期間でこんなに視野が広がるなら。



男性 38歳

【 手術当日 】

今まで躊躇していたのは、やっぱり目を施術するという怖さでした。けれど検査の段階できちんと説明をしてもらって施術時間も短く、危険もほとんどゼロということを聞いて決心しました。施術当日は、歯医者に「おやしらず」を抜きに行く感じで不安だったんですが、当日検査の後の施術は、術室に入って、ほんの30分!光の渦を見ていたら、痛みも不安も感じる前に終わってしまった(笑)。術中に先生がず〜っと『大丈夫ですよ〜。順調ですよ〜』って声をかけてくださっていたのが印象に残っています。『はい、終わりましたよ。』って言われた瞬間からもう、うっすら周りのものが見え始めたときは、さすがに震えるほど感動しました!!

【 手術翌日 】

術後は、何だか白濁している感じが1時間ほど。その後、本格的にメガネ無しで見え始めました!しばらくピントが合うスピードが遅れるんですが、2日目、3日目とどんどん違和感がなくなってきます。
術後に受けた説明では、当日はTVやパソコン、本を読むのを控えめにすることと、しばらく目が乾くのと感染症を予防するために、点眼をこまめにすることくらい。それも、僕の場合は、乾きも痛みも沁みる感じも無く、翌日からまったく普通の生活ができました。夜、明かりが少し眩しくて滲む感じがするのは、数週間で治るのだそうです。

【現在】

朝起きた瞬間、顔を洗った後、まだまだついメガネを手探りで探してしまいます。けれど、メガネ無しで生活することは、なんだか気恥ずかしくも嬉しくて、大袈裟に言うと確実に人生が変わった気がします。
まだまだ裸眼の自分の顔に違和感があって、鏡を見るのも恥ずかしい感じはしますが、せっかく手に入れた裸眼の生活をキープするために、目薬をさすのと内服薬を飲むのは、きちんと守っています。

外出のときは、術後にクリニックでもらったサングラスタイプの防塵ゴーグルを手放していません。今まで以上に目を大切にしていますね。術後1週間程して、念願のオートバイにも乗りました。免許を取ってからは、コンタクトをしていた時期もほとんどないので、メガネ無しでヘルメットをかぶるのは、ほぼ初めてです。この瞬間を待ち望んでいました。今までは、ヘルメットをかぶる直前にメガネをいったん外して、ヘルメットをかぶってから顔に差し込む、というアクションが必要だったんですが、それも必要なし!!本当に嬉しかった〜!

走っている時も、ヘルメットの中に入ってくる風圧もまったく問題ないし、痛みもまったくありませんでした。メガネ無しでオートバイに乗れることは、本当に視界が広くて、ライディングポジションを取った時も、メガネのフレームに視界を遮られることがなく、本当に新鮮でした。寒い日の吐息でのレンズ曇り、雨の日の視界の悪さが治るのはこれから味わいたいです。



女性 28歳

【 手術当日 】

手術は痛みもなく本当にあっという間に終わってしまって、こんな簡単に目が良くなるの?と不安になったくらいでした。術後は視界が少し霞んだ状態でテレビも本も見ないで音楽を聴きながら早々に眠ってしまいました。

【 手術翌日 】

朝、目覚めたときは、まだ術後の状態が続いていましたが、正午あたりには霞みがとれて視界が晴れました。駅構内の表札が裸眼なのに読めるんです!本当に感激しました。

【 現在(手術後1週間後) 】

1週間も経つと術後の霞んだ状態もなくなり視界もハッキリしています。当初の説明通り、夜の街灯がぼやけて見えることがありますが、生活のうえでは特に問題もないですし、視力が安定すれば治るということでしたので気にしていません。

裸眼で生活できるということは、本当に素敵なことです。今までは、朝起きて時計を見てもわからなかったというのに、今は一目瞭然。朝晩のわずらわしかったコンタクトの付け外しもなくなり、毎日が快適です。今度、旅行に行くんですが、もう予備のコンタクトなど気にせずに行けるんですね。感激です。目を手術するということに少し不安を持っていましたが、やさしく丁寧に対応してくださるスタッフの方々、手術の時はずっと声をかけ続けてくれたドクターのおかげで、終始リラックスな状態を保っていられました。こんな日々感動できるなら、もっと早くレーシックをしておけば良かったなと思います。ありがとうございました。

レーシック ← さぁ、アクセスしてみましょう!

  関連コンテンツ
レーシック 悪い噂の真相
レーシック 悪い噂【その2】
近視手術 失敗・事故例
近視手術 過去のレーシック手術の訴訟/裁判
レーシックの失敗とは?
クリニック比較検討表

レーシック サイト内のコンテンツ ※できれば@〜Mを先にお読みください

@レーシックとは
Aコンタクトレンズの恐怖
B悪い噂の真相
C手術を受けられない人
Dレーシックの費用
E医師に必ず確認しておく事
Fレーシック手術までの流れ
Gレーシック手術前の注意点
Hレーシック手術の流れ
I手術後の経過と注意点
Jイントラレーシックとは
Kイントラレーシックとは《2》
Lレーシックを受けた有名人
Mレーシックを決意したら
無料説明会に行ってきました!
SBC新宿近視クリニックの秘密
品川近視クリニックの秘密
レイ眼科クリニックの秘密
レーシック特選クリニック
神戸クリニックの秘密【独占サイト】
有名人が選んだクリニック
レーシッククリニック比較表
アメリカではどうだったの?
近視手術の種類と特徴
近視手術の問題点
エキシマレーザーとは
近視度数の簡単な計り方
人それぞれのレーシック
運転免許制限解除について
近視のガセビア
レーシック手術承諾書
ビタミンAフェチになろう
眼科のトリビア
悪い噂の真相《2》
レーシック失敗・事故例
レーシック情報の氾濫
交通事故が生んだ奇跡
タイガーウッズな話
レーシックと米国軍隊
阪神大震災でレーシック決心
近視の戻りがおこる理由
ピンホールメガネってどう?
オルケラトロジーってどう?
レーシックの価格について
過去の訴訟・裁判
レーシック後のサングラス
レーシックの生命保険手術給付金
医院長の出版する本について
レーシックの裏事情
視能訓練士(ORT)とレーシック
カラーコンタクト トラブル続発!
レーシックの事情を読む
クリニックのキャンペーン比較
コンタクトレンズの眼障害発生率
視力回復術の真実
コンタクト不正請求にご注意!
スタッフ突撃インタビュー
レーシック医師突撃レポート!
レーシックと飛蚊症
レーシックの失敗とは?
無料説明会が大盛況!
品川近視クリニックの決断
ユーチューブでみるレーシック
iLASIK(アイレーシック)とは?
レーシッククリニック中間報告
ミクシィでレーシックの情報交換
レーシックで免許試験課は大忙し
中高年(40〜50代)のレーシック
レーシック2008年度裏情報
レーシックで感染事故
価格競争に参戦しない理由は?
レーシック不適合と言われたら
レーシックブログ【みんなの声】

新しいコンテンツを読む

参考コンテンツ
レーシック/目の雑学集
レーシックのよくある質問
レーシック体験談・感想
目の専門用語
全国レーシック病院検索
戻る   HOME⇒レーシック  ・神戸クリニックの秘密  次:レイ眼科クリニックの秘密