●携帯版 レーシックの真実
 レーシック 医師の感動。患者の感動。/神戸神奈川アイクリニック 吉田理事長 
スポンサードリンク


今ではほとんどなくなったそうですが、ほんの数年前の日本では、メガネやコンタクトをつけた医師が、患者にレーシックなどの近視矯正手術をしているということが普通にあったそうです。

今から考えるに、かなりの『矛盾』ではありますが(笑)、実際にそういったクリニックや眼科が少なくなかったそうです。

お医者さん本人が、角膜が薄かったり、眼病を患っていて、手術を受けることができない。・・・といったケースもあったとは思いますが。それにしても、なんだかスッキリしな話ですよね?


今回は当サイトでご紹介させて頂いている神戸神奈川アイクリニック:吉田理事長のエピソードを少し。。。
吉田理事長は東大阪市生まれの、ちゃきちゃきの関西人です。金沢医科大学医学部をご卒業後、兵庫医科大学に入局勤務。そして1992年、神戸三宮にて眼科を開院された後、2003年。神戸クリニック三宮の開院。そして現在は神戸、大阪、東京、九州と4つのクリニックを開院されています。

-----------------------2011年12月以下追記
神戸クリニック、神奈川アイクリニック統合のお知らせ

この度、医療法人社団稜歩会 神戸クリニックは、同一法人である神奈川アイクリニックと統合し、「神戸神奈川アイクリニック」に名称変更いたしました。
この統合により、神戸神奈川アイクリニックは日本最大規模の視力回復手術専門クリニックとなりました。
-----------------------

まずは最初のつかみとして、吉田理事長の爆笑エピソードをひとつ。

普段の吉田理事長はジーンズにTシャツというとてもラフな格好で過ごされているとか・・・
そんな、吉田理事長が飛行機内で実際に経験をされた出来事。

TVドラマなどでとてもありがちなシーンでの、あのアナウンスが現実に吉田理事長の耳に・・・。
「機内で急病の方がいらっしゃいます。医師もしくは看護士の方が搭乗しておられましたら至急フライトアテンダントにご連絡ください。」

『キター−−−−−!!出番や!ここで俺の出番や!!』という思いで、食事を運んでいる搭乗員に即、声をかけると、吉田理事長のなんともラフな風体に、声をかけられた搭乗員はすかさず「本当にあなたお医者さん・・・?」というような冷たい視線。。。。その後、機内で苦しむ乗客のもとに案内されるも、既にそこにはジャケット姿のかっこいい医師が診察していたそうで、案内してもらった搭乗員に、おもいきりあっさりと「またの機会にお願いします」といわれてトボトボと帰ってこられたとか・・・。(笑)

-----------------------------------------

吉田理事長の著書によると、理事長が「レーシック」というものをアメリカではじめて知り、その素晴らしさに感激してからというもの、日々レーシックを研究、勉強されたそうです。そして、学べば学ぶほど、レーシックに魅了と深い感動を覚えられたといいます。しかし。ふと、その『魅了や感動』はあくまでも医師側の感覚であって、「自分はエキシマレーザーなどを使用する高度な医療技術の進歩に対して医者の立場でレーシックに感動しているのではないのか?」ということふと、気づいたそうです。そして、そのことにに気づいた時、このままやったらアカン!ほんまに感動したことにならへん!と。。。医師として、レーシックの感動を味わうのではなく、まず自分が率先して患者となり、『眼が見えるようになる』という感動を知る事こそが大切であり、その体験こそが後に自分の患者様になる方々のためになると。考えるようになったそうです。

幸いにも(?)当時の吉田理事長は強度の近視ということで・・・患者さんの目線で、レーシック手術を受ける決心をなさいました。※以下は著書よりの引用です。

-----------------------------------------
・術前検査

術前検査をしているときは、それ程の緊張感はありませんでした。なにせ、普段使っている機器のチェックをしているようなものですからね。ただ、これらのいくつかの検査をしながら感じたことは、この検査がもっと早く簡単になれば『患者様も、あまり疲れずに済むとちゃうんやろか』と思ったのです。

医者の側から見ると間違いがあってはいけないので、慎重に検査をしますが、自分が受ける側に回ると『もっと簡単にできへんの?』ということを感じられたのは大きな収穫でした。

-------------------省略------------------

・手術当日

手術をするにあたって髪の毛が邪魔にならないようにキャップをかぶります。
女性がお風呂で使用するようなあれです。これを看護士が被せてくれた瞬間から、何やら緊張している自分に気がつきました。

『なんや、なんや。えろう緊張しとるわ!』って感じ。『俺は眼科医で、LASIKの安全性も、素晴らしさも、手術の行程も、使用する機材も、必要な薬品も、合併症も、周りのスタッフもすべて知ってるのに、なんでこんな緊張せなあかんねん』
我がを疑うと同時に、これが普通の患者であったらどんなに緊張することかと、改めて考えさせられたのです。

いざ手術という瞬間の、刻一刻と進む時間も流れの中では、やはりどんな人間であうとも(医者であろうとなかろうとも)
緊張することを実感したのです。この貴重な体験は、手術を行う時に患者の立場に立って、医者は一体何をすべきかを本当にわかりやすく教えてくれたと思います。

-----------------------------------------以下割愛。

いかがでしょう?
レーシック手術を受けるならばやっぱり、矯正手術を実際に受けて、患者の目線で対応してもらえるお医者さんであってほしいものですね。

神戸神奈川アイクリニック

クリニックのHP⇒神戸神奈川アイクリニック
TV放送を見逃した方はこちらでご覧ください
ユーチューブでみるレーシック
 

レーシック サイト内のコンテンツ ※できれば@〜Mを先にお読みください

@レーシックとは
Aコンタクトレンズの恐怖
B悪い噂の真相
C手術を受けられない人
Dレーシックの費用
E医師に必ず確認しておく事
Fレーシック手術までの流れ
Gレーシック手術前の注意点
Hレーシック手術の流れ
I手術後の経過と注意点
Jイントラレーシックとは
Kイントラレーシックとは《2》
Lレーシックを受けた有名人
Mレーシックを決意したら
無料説明会に行ってきました!
SBC新宿近視クリニックの秘密
品川近視クリニックの秘密
レイ眼科クリニックの秘密
レーシック特選クリニック
神戸クリニックの秘密【独占サイト】
有名人が選んだクリニック
レーシッククリニック比較表
アメリカではどうだったの?
近視手術の種類と特徴
近視手術の問題点
エキシマレーザーとは
近視度数の簡単な計り方
人それぞれのレーシック
運転免許制限解除について
近視のガセビア
レーシック手術承諾書
ビタミンAフェチになろう
眼科のトリビア
悪い噂の真相《2》
レーシック失敗・事故例
レーシック情報の氾濫
交通事故が生んだ奇跡
タイガーウッズな話
レーシックと米国軍隊
阪神大震災でレーシック決心
近視の戻りがおこる理由
ピンホールメガネってどう?
オルケラトロジーってどう?
レーシックの価格について
過去の訴訟・裁判
レーシック後のサングラス
レーシックの生命保険手術給付金
医院長の出版する本について
レーシックの裏事情
視能訓練士(ORT)とレーシック
カラーコンタクト トラブル続発!
レーシックの事情を読む
クリニックのキャンペーン比較
コンタクトレンズの眼障害発生率
視力回復術の真実
コンタクト不正請求にご注意!
スタッフ突撃インタビュー
レーシック医師突撃レポート!
レーシックと飛蚊症
レーシックの失敗とは?
無料説明会が大盛況!
品川近視クリニックの決断
ユーチューブでみるレーシック
iLASIK(アイレーシック)とは?
レーシッククリニック中間報告
ミクシィでレーシックの情報交換
レーシックで免許試験課は大忙し
中高年(40〜50代)のレーシック
レーシック2008年度裏情報
レーシックで感染事故
価格競争に参戦しない理由は?
レーシック不適合と言われたら
レーシックブログ【みんなの声】

新しいコンテンツを読む

参考コンテンツ
レーシック/目の雑学集
レーシックのよくある質問
レーシック体験談・感想
目の専門用語
全国レーシック病院検索
戻る   HOME⇒レーシック  次:眼の知識&雑学『水道水はご法度』